BDCとは | 人事コンサルティングならビジネス・デザイン・コンサルティングへ

  1. BDC HOME
  2. BDCとは

BDCとは

BDCとは

BDCの3つの特長

ユーザサイドに立って問題解決をする姿勢を貫くこと
【コンサルティングはクライアントが何を求めているかから始まる】

BDCはいつも次の疑問を自らに問い続けます。

  • ・問題は明らかになっているか、その問題意識は正しいか。
  • ・問題は整理されているか、本質まで辿り着いているか。
  • ・問題解決の方法(ソリューション)は正しいか、
     コンサルタントの欺瞞ではないか、自社が利益になることを押しつけていないか
  • ・他に良い方法はないか、最適解を見つけたか
  • ・問題と解決法をクライアントは理解したか
  • ・クライアントが解決できる方法を選択したか

コンサルタントがお客様の側に立って問題解決に取り組むのは当たり前のことです。
しかしながら、ITに関するソリューションを自ら開発したコンサルティング企業は、利益相反に悩むことになります。
BDCは、豊富な経験を基に、お客様と最も最適な解決法は何かを探し続けます。

人事に関して、経営企画から制度改変、システム実装、保守デリバリができる集団であること
【人事すべてに亙って知見・経験を備えること】

扱う人事の特性からして、より上流の経営戦略から始まり、制度設計やマネジメント、業務オペレーションからシステムの選定・導入・保守までの知見を備えるのは難しいことです。
BDCはこれらをカバーできる人材を揃えています。
経営と人事更にはITの重なる領域がBDCの貢献できるビジネスエリアです。

複数のパッケージに通じていること
【システム導入ベンダーとは違うバリュー】

人事給与を中心とするパッケージが登場したのは今から20年ほど前。
コンピュータのダウンサイジングと共に進化してきました。またERPという外国製のパッケージが日本に輸入され、使い物になり始めたのは15年ほど前です。BDCのメンバーは、国産パッケージの構築から、外国製ERP人事パッケージの導入に苦労したパイオニアでもあります。ひとつにパッケージにとどまらず、複数のパッケージに通じているコンサルタントがいます。お客様の選択したソリューションを、一緒に導入する頼りになるパートナです。

サービス概要

戦略立案支援
  • 戦略的人事施策の検討立案
  • 人事重点施策の立案
人事制度改変支援
  • 資格等級制度から評価制度、報酬制度、教育制度等の改善・改革
  • 採用〜配置〜評価〜教育の人事マネジメントサイクルの最適化
  • 制度改変に伴うシステム実装計画の立案支援
業務効率化支援
  • システム導入企画書の作成支援
  • BPO化計画立案支援
  • シェアードサービス立案支援
システム導入支援
  • 提案要求書の作成支援
  • パッケージ提案会の開催支援
  • 提案内容の評価支援
  • 人事給与勤怠パッケージの導入プロジェクト支援
  • オペレーション支援及び保守
人事ITベンダー支援
  • 人事給与パッケージの機能強化支援
  • 人事ITコンサルタントの育成支援
  • 人事ITビジネスの推進支援