「拙速」と「巧遅」 | コラム&お知らせ | 人事コンサルティングならビジネス・デザイン・コンサルティングへ

  1. BDC HOME
  2. コラム&お知らせ
  3. 「拙速」と「巧遅」

コラム&お知らせ

コラム&お知らせ

COLUMN & NEWS
2012
03
/
30
[ FRI ]
「拙速」と「巧遅」
[ 更新日 ] 03月30日 13時55分[ 更新者 ] コンサルタント 松木 剛

以前は「胃潰瘍になってサラリーマンとして一人前だ」なんて物騒な物言いがありましたが、最近はパワハラで訴えられてしまいます。若い人は仕事がある程度できるようになると、「一体どこまでやれば良いのだろう」と悩む時期があると思います。品質とスピードは二律背反のようなところがあり、そのバランスを考えて仕事をこなしていくのは大変です。しかし指示した方は、忘れずにいて、黙っていると「どうして報告しない」と催促が飛んできたりします。

「できる人は上司の命令をかわしていく」という言葉もありますが、思いつきで指示を出す上司もいて、「そんな指示したっけ」なんていうこともあったり。いやはや宮仕えは大変です。「かわしていく」の真意は、あの指示は本気なのか、ただの思いつきなのかを判別せよ、ということなのです。「マジ(本気)で~」と聞いたりしたらぶっ飛ばされてしまいまずか、指示の重要度が分からないうちはすべてをまじめにやりますから、大変ですね。

さて「拙速」と「巧遅」の話ですが、コトの重要性が分かるということは、上司と同じポジションでモノを考えられるということです。そういう気持ちで仕事をしていると間違いはありません。その場合は、プライオリティを自分で付けられ、その結果も上司の考え方と大差なければ、全く仕事のできる人材ということになります。では、分からない場合はどうしたら良いのでしょうか。

一般に新入社員や若い人たちに、ベテランと同じ期待値をもって指示を出す管理職がぽたら、アホでしょうね。つまりリターンについてはあらかじめ、考えた上で指示を出しているのが普通なのです。その場合、上司は何を期待するか。それはスピードです。100%の回答が期待しているデューデイトより遅く出てくるケースと、80%の回答がデューデイトより前に出てくるのでは圧倒的に後者の方が受けは良いのです。問題は80%の回答が出せるか。5~60%だと物足りないとなりますね。50%を下回っていたらもちろんNGです。

「自分ひとり仕事をしているわけではないんだよ。相談しなさい。」とやさしく言ってくれるケースはとっても幸せですが、「ふざけんな、もう間に合わないよ」と叱られることの方が多いのでは? 私事で恐縮ですが、私も十二指腸潰瘍は、前者の言葉で救われ完治しました。そのときは150%を遙かに越える負荷で、アップアップしていた頃です。

「後はおまかせします」といえる幸せ。上司であるあなたはそういう環境を作り出していますか?

執筆者情報

松木 剛
松木 剛
コンサルタント
人事とITのプロフェッショナル
 
略歴

1979年 慶応義塾大学法学部政治学科卒 大手機械メーカーの人事部、情報システム部、経営企画室のマネジャーなど、勤務20年を経て日本オラクルでERPコンサルタントを5年担当。その後ベリングポイント、NTTデータ経営研究所のコンサルタントや、タタコンサルタンシーサービシズジャパンの人事総務部長を経て現職。

資格・講師
  • 情報処理技術者システムアナリスト ITコーディネータ 早稲田大学 大学院会計研究科 非常勤講師(2009年度~)『人的資源管理』担当
実績
  • ERP人事モジュルー導入プロジェクト(オラクルEBS、SAP等)多数 霞が関業務・システムの最適化計画コンサルティング 公的企業人事情報システムコンサルティング 大手企業企業合併に先行する持株会社化プロジェクト 企業防災計画/BCPコンサルティング 業務効率化/BPO化コンサルティング 人事情報システム導入コンサルティング